博多漁港界隈  博多漁港

作者 t-yamauchi

カテゴリー 風景画 > 九州 > 福岡 > 福岡市内

九州一の商業集積地である天神エリアから海へ向って歩いて15分。長浜ラーメンの御店など通りすぎると目の前に博多港が広がります。

博多の中央卸売り市場、鮮魚市場は巨大なスケールです。

一般の人も食事できる安くて新鮮でおいしいお店が数店並んでいます。ここで食べた「鰹の刺身定食600円」には感動しました。今まで食べたきた鰹とは概念が違う感じです。活きが良くて柔らかくて薄く赤みがかかって・・・表現できません。その他、ゴマ刺し定食も最高です。夜も一度来たのですが、おいしい刺身がどっさり。焼酎で良い気持ちになりながら三人で一万円以内の安さでした。

 

魚は博多の人の自慢です。「この前東京で美味い魚が食えるいうんで連れてってもろうたけど、何ね、あんなんで喜んでる気が知れんたい」という感じです。又、博多に来た人に「魚食うた?」です。「博多だけに魚があるんではないでしょう。日本中、港町がいっぱいあるんだから」と言いたいところです。でも本当らしいです。博多漁港市場は中央出荷向けと地場消費の二本立てがしっかり確立されていて市内に玄海灘の美味しい魚が安く供給されているそうです。

 

博多のランチタイムは魚をメインにしているところも多く、なるほど美味しいです。鯖は一年を通し提供され、又、アサリがどんぶり溢れそうな「貝汁」、鯛やカンパチの荒炊きなど庶民の味も最高です。