天神界隈  福岡市赤煉瓦文化館

作者 t-yamauchi

カテゴリー 風景画 > 九州 > 福岡 > 福岡市内

デッサンがなかなか難しい建物です。一つ一つのデティールが複雑で、和と洋が混在し一般の様式に囚われない独自性があります。辰野流と云われる所以です。

後で分かったのですが館のパンフレットの表紙の写真とぴったし同じアングルでした。

自分らしい構図でといつも考えていますが、時々その様な写真や絵と同じことが分かるときがあります。ファインダーを覗くカメラマンに思いが馳せます。

明治42年に日本生命保険九州支店として竣工しました。設計は東京駅と同じあの辰野金吾。現在は市の歴史資料館として一般に使われています。赤煉瓦に白い花崗岩の帯。19世紀末のイギリスで流行したクイーンアン様式を辰野流に再構築したものです。