平尾界隈  新緑の平尾山荘

作者 t-yamauchi

カテゴリー 風景画 > 九州 > 福岡 > 福岡市内

高級住宅地の平尾の一角にある萱葺き屋根の草庵。新緑の木々に囲まれて静かに佇んでいます。

弘化二年(1845)に黒田藩士の野村新三郎貞貫によって建てられた風流な草庵(明治42年復元)。貞貫亡き後、妻のモトは剃髪して望東尼に。愛国の精神が強く、幕末の志士達を支援。秘密の集会所としても使われた。高杉晋作も元治元年(1864)幕府の長州征伐の令が下り藩内俗論党からの危険を逃れる為十余日滞在したとありました。