スイス ルツェルン

作者 t-yamauchi

カテゴリー 風景画 > 海外

1997年8月2日

イタリアからアルプスを越えてスイスに入りました。アルプスはあいにくの雨。残念。ルツェルンも雨模様。ほんのちょっとの合間を縫ってささっとスケッチ。

開放的なイタリアと、ドイツ系も入っているスイスとは、全く国民性が違う感じがしました。ルーズなイタリアに比べ、ウェートレスもテキパキとしています。日本の様です。

イタリアの旅行6日目に早朝から腹痛に襲われました。前夜はワインパーティで飲みはしましたが・・それではない。客室の冷蔵庫に入っていたミネラルウォーターの詮のあたりに白いもの(石灰質?)が浮いていました。それの様な・・。同行の方から日本の正露丸とかいろいろ頂いて飲んで、多少良くなりベネツィアはなんとか・・ヴィツンツィアもなんとか・・。次の日ベローナのカステルベッキオ美術館を見た後、又腹痛で歩けなくなりました。その時、バスの運転手でナポリ出身の方から薬をもらいました。これが良いというので飲んで、バスの脇の木陰のベンチで1時間ぐらい横になっていたら、すーと治ってしまいました。やっと元気回復です。良かったー。

考えると、それまで海外旅行は2泊3日とか3泊4日程度の旅行しかしたことがなく、イタリアでの一週間も、そんな乗りではしゃぎすぎだったような・・反省です。これから、まだ二週間あると思うと、嬉しくなります。その後のミラノもやはり雨交じりでした。