宮城県 村田町 大沼酒造

作者 t-yamauchi

カテゴリー 風景画 > 東北・北海道 > 宮城 > 風景画 > 東北・北海道 > 風景画

2017年の五月の連休のある一日、電車とバスで白壁と土蔵の村田町へ。

JR東北本線大河原駅と村田町をつなぐバスは三時間に一本程度なのでご注意を。

江戸時代の紅花、明治に入ってからの繭や生糸の集散で、富を築いた歴史が街並みに偲ばれます。

見応え十分な歴史的建造物群の中から、地酒「乾坤一」で有名な大沼酒造店をスケッチ。

街道に面し、土蔵造りのお店と表門が繰り返し立ち並ぶのが特徴です。

門で囲った中の庭園の風情も楽しめる、賑わいと繁栄の町だったことと思われます。